アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
アボットとゴステロ
ブログ紹介
すみません。しょうもないこといい、なんです…
zoom RSS

台湾戦日本代表

2013/10/29 20:12
小久保監督初陣となる台湾戦の日本代表が発表されました。

うかつにもバッテリーコーチに矢野さんが就任してたのを知りませんでした。
阪神からは松田が選出。戦力外通告を受けた林威助は、トライアルに専念したいとのことで台湾代表を辞退したらしい。

しかし、捕手が2人でだいじょうぶかな。なにかあったら矢野さんがマスクをかぶるのか。(違)

監督: 90 小久保裕紀、ヘッドコーチ: 73 奈良原浩、投手コーチ: 89 鹿取義隆、打撃コーチ: 80 小島啓民、41 稲葉篤紀、バッテリーコーチ: 88 矢野燿大、内野守備・走塁コーチ: 87 仁志敏久、外野守備・走塁コーチ: 83 村松有人

投手: 12 松葉(オ)、13 井納(De)、17 三嶋(De)、19 野村(広)、22 大野(中)、28 松永(ロ)、29 小川(ヤ)、43 大瀬良大地(九州共立大)、46 高木伴(NTT東日本)、52 益田(ロ)、56 松田(神)

捕手: 25 伊藤(オ)、27 炭谷(西)

内野手: 2 今宮(ソ)、4 菊池(広)、32 浅村(西)、38 川端(ヤ)、38 岡崎啓介(日立製作所)、39 岡大海(明治大)、63 梶谷(De)

外野手: 6 中田(日)、9 丸(広)、40 平田(中)、55 秋山(西)、60 中村(ソ)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第16戦オーストラリアGP

2013/10/20 16:38
MotoGP第16戦オーストラリアGPを見ました。

レース前にガードナー、ドゥーハン、ストーナーがデモ・ラン。ストーナーはそろそろ家にいるのも退屈になってないのかな。
国歌斉唱のおねいさんの頭がまっ赤っかで、戊辰戦争の新政府軍指揮官みたい。

路面の全面改修でグリップしすぎとなったらしく、予選、フリープラクティスの状況からタイヤが10周しか保たないと判断され、全27周から19周に減周。9周目または10周目にタイヤ交換が義務付け、降雨時はレース中断というレギュレーションに変更されました。

ポール・ポジションはロレンソ、以下マルケス、ロッシのフロント・ロウ。

ホール・ショットはロレンソ。1周目からロレンソが仕掛ける。1周目終わりの順位はロレンソ、マルケス、ペドロサ、ロッシ、スミス、バウティスタの順。
2周目、バウティスタが5位浮上。ペドロサまでの3台がやや引き離す。

4周目、ロレンソ、マルケスのペースがやや速い。

7周目、バウティスタ4位浮上。ロッシは6位に。ペドロサが前の2台に追いつく。

9周目、ペドロサ、バウティスタがピットイン。
10周目、ピットインの関係で順位はロレンソ、マルケス、クラッチロウ、ロッシ、ヘイデン、エスパロガロに。ペドロサ、バウティスタは14位、15位で復帰。ロレンソは10周目に入るが、マルケスがピットインせず。
11周目、マルケス、スターリング、ロレンソ、ペドロサ、ロッシ、クラッチロウの順。マルケスは11周目にピットイン。マルケスがコースに復帰する時にロレンソと接触。マルケスは3位で復帰。
13周目、ペドロサがピットで白線を踏んだ違反でポジションを1つ下げるディレクション。
14周目、クラッチロウがロッシをパスし4位浮上。マルケスがペドロサをパスし2位に。ここでマルケスが失格の判定。(Ignored pit in windowでブラック・フラッグ)

18周目、カドリンとスターリングもブラック・フラッグ。一時的にスターリングが2位表示だったのはピットインしなかったのが理由か。ロッシ、クラッチロウ、バウティスタで激しく3位争い。
19周目、バウティスタが4位浮上。

ロレンソが余裕(7秒近く離れて)で優勝。以下ペドロサ、ロッシ、僅差でクラッチロウ、バウティスタ、6位はスミスの順でフィニッシュ。

つなぎを脱いでピットでうつむいているマルケスの映像が映り、ちょっとかわいそう。
ややこしいレギュレーションになったし、宮城光の解説だとマシンがすべったことの対処で頭がいっぱいになってピットインを失念したのではないかとのこと。

ポイント・ランキングはマルケス298ポイント、ロレンソ280ポイント、ペドロサ264ポイントの順。
チャンピオンの可能性があるのはこの3人。
18ポイント差なのでまだ圧倒的にマルケスが有利なのですが、おそらくもてぎでは決まらずに最終戦のバレンシアに持ち越しでしょう。

次戦の日本GPを紹介する国際映像は新橋駅前(?)の雑踏、富士山をバックに高層ビル群から頭を出す東京タワー、金閣寺、桜吹雪(場所不明)、鎌倉大仏、横断歩道を行きかう人々(場所不明)、東京タワー周辺でした。
東京、鎌倉はまだがまんするとして、もてぎと金閣寺は離れすぎですね。(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第15戦マレーシアGP

2013/10/15 21:51
MotoGP第15戦マレーシアGPを見ました。

ポール・ポジションは4戦連続のマルケス。以下ロッシ、クラッチロウと続くフロント・ロウ。
ロレンソ、ペドロサのポイント上位3人は2列目スタート。
ブラドルは右足首骨折で決勝キャンセル。

全20周のレース。
ロレンソがホール・ショット。1周目終わりの順位はロレンソ、ペドロサ、マルケス、ロッシ、バウティスタ、クラッチロウの順。
2周目、ロッシ、バウティスタが4位争い。
5周目、ペドロサがトップ浮上。マルケスも2位浮上するが、ロレンソも粘り、ふたたび2位に。
6周目、マルケスとロレンソが少し接触するサイド・バイ・サイドの争い。
8周目、クラッチロウがバウティスタをパスし、5位浮上。
9周目、マルケス2位浮上。
11周目、ペドロサがマルケスを大きく離す。
17周目、クラッチロウ5位浮上。
20周目、バウティスタがふたたび5位を奪い返す。
ペドロサが大きく逃げ切り。以下マルケス、ロレンソ、ロッシ、バウティスタ、クラッチロウの順でフィニッシュ。

ポイント・ランキングはマルケス298ポイント、ロレンソ255ポイント、ペドロサ244ポイント。
とりあえず次週のフィリップアイランドで決まるようなことにはならないでほしいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第14戦アラゴンGP

2013/09/30 00:37
MotoGP第14戦アラゴンGPを見ました。
毎年言ってますが、「何度目だ、スペイン」で今季3度目です。

ポール・ポジションはマルケス。以下ロレンソ、ペドロサのフロント・ロウ。
全23周のレース。

ホール・ショットはロレンソ。1周目から飛び出す。
1周目終わりの順位はロレンソ、マルケス、ペドロサ、ロッシ、ブラドル、バウティスタの順。

5周目、ペドロサがマルケスをパス、2位浮上。
6周目、マルケスに接触。その後ペドロサが転倒。マシンがコース上に残されたままで危ない。

9周目、クラッチロウがバウティスタをパスし、5位浮上。
14周目、マルケスがロレンソをパスし、トップに。

18周目、バウティスタがロッシを抜き、3位浮上。

22周目、ロッシがバウティスタを抜き返し、3位に。サイド・バイ・サイドのバトルが続く。
23週目、ブラドルが4位に浮上するが、バウティスタが抜き返す。その間にロッシが逃げる。

マルケス優勝。ロレンソが2位。大きく離れてロッシ、バウティスタ、ブラドル、クラッチロウの順でフィニッシュ。

ポイントはマルケス278ポイント、ロレンソ239ポイント、ペドロサ219ポイントの順。
マルケス有利のポイント差ですが、日本GPまでに決まって消化試合にならないことを祈ります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第13戦 サンマリノGP

2013/09/16 00:01
MotoGP第13戦サンマリノGPを見ました。
ミサノにマルコ・シモンチェリの名前が付加されているのを耳にしてしみじみ。

ポール・ポジションはマルケス。以下ロレンソ、ロッシのヤマハ勢が続くフロント・ロウ。
全28周のレース。

ホール・ショットはロレンソ。1周目からがんがん飛ばす。
1周目終わりの順位はロレンソ、ペドロサ、マルケス、ロッシ、エスパロガロ、クラッチロウの順。
2周目、クラッチロウ5位浮上。エスパロガロはジャンプ・スタート。

5周目、エスパロガロがライド・スルー・ペナルティ。6位にブラドル浮上。ロッシがマルケスのミスを突き、3位に。

13周目、マルケスがロッシをパスし、再び3位に。

17周目、マルケスが一気にペドロサを抜き、2位浮上。

22周目、ペドロサが軽く接触しつつ2位に浮上。しかしマルケスがすぐに抜き返す。

25周目、周回遅れが発生。4位ロッシは前も後ろも間隔が空いている。

28週目、ブラドルがクラッチロウをパス、5位浮上。

ロレンソ3秒以上差をつけて余裕の5勝目。以下マルケス、ペドロサ、ロッシ、ブラドル、クラッチロウの順でフィニッシュ。

ポイントランキングはマルケス253ポイント、ロレンソ219ポイント、ペドロサ219ポイントの順。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第12戦イギリスGP

2013/09/02 00:32
MotoGP第12戦イギリスGPを見ました。

Barry Sheen Tribute Paradeでバリー・シーンのマシンを走らせている映像が出てました。
あの頃の500cc(TR750もあったみたいですが)のタイヤって当然バイアスタイヤですから、見た目今時の大型バイクのラジアルタイヤより細い感じでした。

決勝当日のウォームアップ走行でまずクラッチロウが転倒。そのライダー、オフィシャルが固まっているところ転倒したマルケスのマシンが滑って行って、クラッチロウたちが逃げ出す危ないシーン。
マルケスは左肩脱臼もレースには出ました。

ポール・ポジションはマルケス。以下ロレンソ、クラッチロウのフロント・ロウ。
全20周のレース。

ホール・ショットはロレンソ。マルケスも付いて行き、この2台が飛び出す。
1周終わりの順位はロレンソ、マルケス、ブラドル、ロッシ、ペドロサ、バウティスタの順。

3周目、3位以下ブラドル、ペドロサ、バウティスタ、ロッシの順に入れ替わる。
4周目、ペドロサをブラドルをパスし、3位浮上。
8周目、ペドロサが先頭グループに追いつく。
9周目、ロッシがブラドルに仕掛けるがクロスラインで前には出られず。
11周目、ロッシがブラドルをパス、5位浮上。
18周目、ロッシが4位バウティスタをプッシュし、パス。
マルケスがロレンソをパスし、先頭に。
19周目、ロレンソが再びマルケスを転倒したコーナーでパス。
20周目、バウティスタがロッシを抜いていて4位。
マルケスがロレンソを抜くが、再びロレンソが抜き返し0.081秒差で優勝。
以下マルケス、ペドロサ、ロッシ、バウティスタ、ブラドルの順でフィニッシュ。

久しぶりに先頭グループのバトルが楽しめたいいレースでした。
僅差で連勝は止まったけど、マルケスは負傷2時間後にすごいレースをやりました。
解説の宮城光さんが「すばらしい、すばらしい」って淀川長治さんみたいになるほど。

ポイント・ランキングはマルケス233ポイント、ペドロサ203ポイント、ロレンソ194ポイントの順。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第11戦チェコGP

2013/08/28 23:22
MotoGP第11戦チェコGPを見ました。

ポール・ポジションはクラッチロウ。以下バウティスタ、マルケスのフロント・ロウ。
全22周のレース。

ホール・ショットはロレンソ。1周目から飛び出し、1秒以上の差をつける。
2周目に入ったところの順位はロレンソ、マルケス、ペドロサ、クラッチロウ、バウティスタ、ロッシの順。

4周目、バウティスタがクラッチロウをパスし、4位浮上
5周目、マルケス、ペドロサがペースを上げ、先頭ロレンソからの3台で先頭グループを形成。
7周目、早くも周回遅れが出だす。
8周目、クラッチロウ転倒。しかしレースには復帰。
10周目、ロッシがバウティスタの前に出て4位浮上。
14周目、どこかで雨が降り出したらしく、マシン乗り換え可能の白旗が出される。
16周目、マルケスがロレンソに仕掛けるが、クロスラインでロレンソが先頭を守る。しかし同一周回でマルケスが先頭に。
18周目、ロレンソが最終コーナーでマルケスをパス。
19周目、マルケスがロレンソを再びパス。
20周目、ペドロサがロレンソをパスし、2位浮上。

結局マルケス優勝。以下ペドロサ、ロレンソ、ロッシ、バルティスタ、ブラドルの順でフィニッシュ。

ポイントはマルケス213ポイント、ペドロサ187ポイント、ロレンソ169ポイント
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第10戦インディアナポリスGP

2013/08/20 01:04
otoGP第10戦インディアナポリスGPを見ました。サマー・ブレイク開けで後半戦再開。

スペイン程度の広さの国でも3回も4回もやるんだから、アメリカなら3回ぐらい平気だよね、みたいなかんじなんでしょうか。

ポール・ポジションはマルケス。以下ロレンソ、ペドロサのフロント・ロウ。
全27周のレース。
ホール・ショットはロレンソ。1周終わりの順位はロレンソ、ペドロサ、マルケス、スミス、クラッチロウ、バウティスタの順。

ロレンソがやや逃げる。
3周目、スミスは6位に後退。

ブラドルが6位に浮上。

8周目、マルケスまでの上位グループが接近。マルケス2位浮上。バウティスタがクラッチロウの前に。4位へ。
13周目、マルケスがロレンソをパスし、トップに立つ。完全にペドロサまでの3台が密集してトップグループを形成。
18周目、バウティスタ4位浮上。
20周目、上位3台の差がやや開く。
22周目、ロッシが6位浮上。
23週目、クラッチロウがバウティスタをパスし、4位に。ロッシまでの3台がサイドバイサイド。
25周目、クラッチロウが再び4位浮上。
26周目、メインストレッチでペドロサがロレンソをパス。2位に。ロッシがバウティスタをパス、5位浮上。
27周目、ロッシがクラッチロウを刺すが、刺し返される。最後にロッシが抜く。

マルケス、余裕のパス。以下ペドロサ、ロレンソ、ロッシ、クラッチロウ、バウティスタの順でフィニッシュ。

ヘイデン、ドビチオーゾのドゥカティ同士で最終コーナーで接触、縁石に乗り上げた隙にスミスにパスされる映像が映る。

ポイント・ランキングはマルケス188ポイント、ペドロサ167ポイント、ロレンソ153ポイント。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP 第9戦 US GP

2013/07/23 00:10
ラグナ・セカで開催されたMotoGP第9戦US GPを見ました。

ヘイデンのドゥカティから離れる発表があった模様。

ポール・ポジションはドイツ人初のブラドル。以下マルケス、バウティスタの3台ホンダが独占のフロント・ロウ。
全32周のレース。
ホール・ショットはブラドル。
1周目終わりの順位はブラドル、ロッシ、マルケス、ロレンソ、バウティスタ、ペドロサの順。
ペドロサとロッシがやや抜け出す。
4周目、ブラドルとロッシの差がやや開き、マルケスがロッシに接近。コークスクリューでコースアウトしながらマルケスがロッシをパス。

17周目、完全にブラドルとマルケスの2台が抜け出した形。
18周目、マルケスがブラドルをパスしトップに。

結局、マルケスが逃げ切り、最年少記録の連勝。以下ブラドル、ロッシ、バウティスタ、ペドロサ、ロレンソの順でフィニッシュ。

ポイントはマルケス163ポイント、ペドロサ147ポイント、ロレンソ137ポイントの順。

8耐をはさんで、次回8月18日のインディアナポリスGPまでお休み。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


MotoGP第8戦ドイツGP

2013/07/15 23:41
MotoGP第8戦ザクセンリンクでのドイツGPを見ました。

ロレンソは骨折していた箇所を再び痛め、ペドロサも当日になって出走キャンセル。

ポール・ポジションはマルケス。以下クラッチロウ、ロッシのフロント・ロウ。ロッシのフロント・ロウは3年ぶりとのこと。
5番グリッドにCRTのエスパロガロ。

全30周のレース。
ホール・ショットはロッシ。1周目終わりの順位はブラドル、ロッシ、エスパロガロ、マルケス、クラッチロウ、バウティスタの順。

2周目、バウティスタ、クラッチロウをパスし5位に。
3週目、マルケス、3位浮上。バウティスタ、クラッチロウがエスパロガロをパス。
5周目、クラッチロウ4位浮上。ブラドル、ロッシ、マルケスが先頭グループを形成。
6周目、マルケス、ロッシをパスして2位浮上。
7周目、いったんマルケスにパスされるが、ブラドルが抜き返す。が、マルケスが再度トップに。
8周目、クラッチロウまでの4台が先頭グループ。マルケスが飛ばす。
9周目、ロッシ、クロスラインの応酬もブラドルをパス。
10周目、クラッチロウがブラドルをパス、4位に。
15周目、エスパロガロが下がっていって5位バウティスタ、6位スミス。
16周目、クラッチロウがロッシをつついている間にマルケスが逃げている。クラッチロウ2位浮上。

19周目、ロッシまでの先頭グループの3台の間隔が拡がる。

結局マルケスがそのまま逃げ切り。以下クラッチロウ、ロッシ、ブラドル、バウティスタ、スミスの順でフィニッシュ。

ロレンソ、ペドロサが欠場している間にきっちりマルケスが優勝し、ランキング・トップに。
ポイントはマルケス138ポイント、ペドロサ136ポイント、ロレンソ127ポイント。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第7戦 オランダGP

2013/06/30 00:00
MotoGP第7戦オランダGPを見ました。

ロレンソが金曜のフリー・プラクティスで転倒し、鎖骨骨折したのに手術後28時間で決勝レースを走る、って頭の神経が2,3本切れている、としか。^^;

ポール・ポジションは初めてのクラッチロウ。以下マルケス、ブラドルのフロント・ロウ。
ロレンソは12番グリッド。

全26周のレース。
ホール・ショットはペドロサ。
1周目終わりの順位はペドロサ、マルケス、ロッシ、ブラドル、クラッチロウ、スミスの順。
2周目に入ったところでロレンソが6位浮上。クラッチロウがブラドルをパスし、4位に。ロレンソさらに5位に。
ペドロサが逃げようとする展開。

4周目、ロッシまでの3台がトップグループを形成しだす。ロレンソがクラッチロウをパスし、4位浮上。
5周目、ロッシ、2位に。
7周目、ロッシがトップに。
9周目、ロッシ、ペドロサの2台がトップグループを形成。
16周目、ロレンソ体調のせいか、クラッチロウが抜き返し、4位に。
18周目、マルケスがペドロサのインにスピード・オーバーで飛び込み失敗。しかし、改めて2位浮上。
20周目、ロッシが1秒以上マルケスに差をつけている。クラッチロウまでの4台がトップグループ。ロレンソはちぎられたか。
21周目、ロッシがスパート。最終コーナーでクラッチロウがペドロサをパス。
26周目、クラッチロウがミス。マルケスとの差が大きく広がる。

ロッシ、2位に2秒以上の差をつけ45レース振りの優勝。以下マルケス、クラッチロウ、ペドロサ、ロレンソ、ブラドルの順でフィニッシュ。

ポイントはペドロサ136ポイント、ロレンソ127ポイント、マルケス113ポイントの順に。

さすがのロッシも優勝を予想していなかったのか、パフォーマンスはなし。
今季中には優勝するとは思ってましたが、前半とはちょっと予想より早かったでしょうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP第6戦 カタルニヤGP

2013/06/17 01:08
MotoGP第6戦カタルニヤGPを見ました。
毎度のことながら、つい最近スペインGPを見たところなのにと「何度目だ。スペイン」

レース前のピットでクラッチロウがライディング・スーツの前をはだけてましたが、アンダーウェアなしに直に着ているのね。汗とか気持ち悪くないのかな。

ポール・ポジションはペドロサ。以下クラッチロウ、ロレンソと続くフロント・ロウ。
全25周のレース。

ホール・ショットはロレンソ。バウティスタが1周目から転倒。
1周目終わりの順位はロレンソ、ペドロサ、マルケス、クラッチロウ、ロッシ、イアンノーネの順。
2周目、ブラドルがイアンノーネを抜き6位浮上。
ロッシまでの5台で先頭グループを形成。
4周目、イアンノーネ転倒。
6周目、クラッチロウ転倒。ロッシが4位に上がり、続いてヘイデン転倒。ブラドル、ドビチオーゾが5位、6位。
マルケスまでの3台がロッシを離す。
以降、先頭グループは淡々と周回を重ねる。
19周目、先頭のロレンソがスパートしだす。
ペドロサ、マルケスがサイド・バイ・サイドに。
24周目、マルケスがブレーキング・ミスで転倒しかかる。
ロレンソ、ペドロサ、マルケス、ロッシ、ブラドル、スミスの順でフィニッシュ。

ポイント・ランキングはペドロサ123ポイント、ロレンソ116ポイント、マルケス93ポイントに。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


MotoGP第5戦イタリアGP

2013/06/02 23:49
MotoGP 第5戦、ムジェロでのイタリアGPを見ました。

ホーム・グランプリでのロッシのヘルメットは亀のデザイン。「亀っ!」といえば、日本人のMotoGPファンはガン・ボーイを思い出さずにはいられないですね。(違)

ポール・ポジションはペドロサ。以下ロレンソ、ドビチオーゾの順。全23周のレース。

ホール・ショットはペドロサだが、すぐにロレンソがパス。直後3コーナーでバウティスタにロッシが当てられ2人とも転倒。
1周終わりの順位は、ロレンソ、ペドロサ、マルケス、ドビチオーゾ、クラッチロウ、ヘイデンの順。

2周目、クラッチロウがドビチオーゾをパスし、4位浮上。マルケスまでの3台が先頭グループを形成。
3週目、ブラドルがヘイデンをパスし、6位浮上。

13周目、ロレンソが少し抜け出す。
19周目、マルケスがペドロサをパスし、2位浮上。
21周目、マルケスが転倒。

結局ロレンソ独走気味で優勝。以下ペドロサ、クラッチロウ、ブラドル、ドビチオーゾ、ヘイデンの順でフィニッシュ。

ポイント・ランキングは1位ペドロサ103ポイント、2位ロレンソ91ポイント、3位マルケス77ポイントとなりました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


MotoGP第4戦 フランスGP

2013/05/27 23:01
MotoGP第4戦フランスGPをやっと見ました。

ポール・ポジションはマルケス。以下ロレンソ、ドビチオーゾのフロントロウ。
テレビカメラに水滴がつく小雨のウェットレース、全28周。

ホール・ショットはドビチオーゾ。1周目終わりの順位はドビチオーゾ、ロレンソ、ペドロサ、ロッシ、ブラドル、ヘイデンの順。
ドビチオーゾが逃げようとするが、ロレンソ、ペドロサの2台が付いていく。

3周目、ペドロサがロレンソをパス。
4周目、ドビチオーゾと後ろの差がなくなる。
5周目、ペドロサがドビチオーゾをパス。ロッシまでの4台が先頭グループ。クラッチロウが5位浮上。
8周目、ペドロサがやや逃げる。クラッチロウが先頭グループに近づく。ペドロサがコースアウトする間にドビチオーゾが先頭。ペドロサと激しく順位が入れ替わる。ヘイデンも接近。
9周目、ロッシ、クラッチロウがロレンソをパス。
10周目、ブラドルがロレンソをパス。
11周目、ペドロサがトップを奪い返す。路面がだいぶ乾いてきた。
12周目、マルケスがロレンソをパスし、7位まで順位を上げてくる。
13周目、ドビチオーゾ、再びトップ。ロレンソとやや後ろを引き離す。ペドロサ、抜き返す。
18周目、ブラドル、ロッシ転倒。
19周目、ペドロサ、やや離れてドビチオーゾ、クラッチロウ、以下ヘイデン、マルケス、バウティスタの順。
24週目、クラッチロウ、ドビチオーゾをパスし2位浮上。
27周目、マルケスがドビチオーゾをパスし、3位。
ペドロサが2位以下を引き離して連勝。以下クラッチロウ、マルケス、ドビチオーゾ、ヘイデン、バウティスタの順にフィニッシュ。

スタートで大きく出遅れ、2回ほどミスがあったのに3位とはマルケス、恐れ入りました。
とりあえずMotoGPの藤波晋太郎と呼ばせてもらいます。

ポイント・ランキングはペドロサ83ポイント、マルケス77ポイント、ロレンソ66ポイントの順に。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MotoGP 第3戦 スペインGP

2013/05/07 01:15
MotoGP第3戦、スペインGPを見ました。例年通りヘレスでの開催。
ポールポジションはロレンソ。以下ペドロサ、マルケスの地元スペイン人独占のフロントロウ。
全27周のレース。
ホール・ショットはペドロサだが、すぐにロレンソが抜き返す。
1周目終わりの順位はロレンソ、ペドロサ、ロッシ、マルケス、クラッチロウ、ブラドルの順。
2周目、マルケスがロッシを抜き返す。ロレンソ、ペドロサの2台がやや抜け出す。
3週目、バウティスタがブラドルを抜き6位浮上。
4周目、ブラドル転倒。転倒者は4人目。
6周目、ペドロサがロレンソを刺しトップに。
8周目、ペドロサがややロレンソ以下引き離す。マルケスは完全にロレンソの後ろに。
上位はラスト・ラップまであまりバトルはなし。
27周目、マルケスが仕掛けるがロレンソに刺し返される。最終コーナー・ホルヘ・ロレンソでマルケスがインに入り、接触。ロレンソが押し出される形に。
ペドロサ、マルケス、ロレンソ、ロッシ、クラッチロウ、バウティスタの順でフィニッシュ。

3クラスとも優勝はスペイン人だったので、地元のファンは大喜びでしょうなあ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月5日 阪神5-7ヤクルト

2013/05/06 13:24
新井兄弟のバックスクリーンに放り込む劇的な同点機が2回もあったのもぬか喜び。
おっちゃんブルペン陣がさっぱりで、藤浪にかろうじて負けがつかなかったのみ。

藤浪、ヤクルト八木の投げ合い。

4回まで1安打ピッチングの藤浪が5回表、先頭畠山左二塁打。一死後森岡右適時打で先制される。
続く中村がいらない(笑)活躍で2ラン。

7回裏、マートン、新井良連続四球の後、新井がバックスクリーンに放り込み同点。途中出場の俊介が中安打で続き、藤井彰が送り、一死二塁も代打今成、西岡が凡退で勝ち越しならず。

8回表、代わった福原が3長短打を浴び、再び2点差。

8回裏、大和、鳥谷連打で無死一、二塁。マートン二併殺も新井良がバックスクリーンに再度叩き込み同点。

完全に流れは阪神のはずなのに福原に続いて久保の制球が定まらず。四球でためた壮者を連続適時打で返され、再び2点差。情けない。

9回裏、先頭藤井彰中安打。代打桧山二ゴロ、西岡三ゴロも大和左二塁打で二死二、三塁。
一打同点機に鳥谷遊ゴロで試合終了。

5月5日 阪神5-7ヤクルト (甲子園) 阪神 6勝3敗
S 000 030 022 7
T 000 000 320 5
勝 石山 1勝 負 久保 2勝2敗5S S 山本哲 1敗5S
本 中村2号(2ラン 藤浪) 新井2号(3ラン 八木) 新井良3号(2ラン 石山)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月4日 阪神7-6ヤクルト

2013/05/05 23:26
前日14得点なのでまた岩田に援護が…、と思いきや1回裏に一挙6点。
また楽勝かと思ったら、5回からどんどん追い上げられて、最後は薄氷の勝利。

1回表、先頭比屋根を新井良の失策で出すと一死一、三塁まで攻め込まれるが、岩田この日はふんばる。

1回裏、先頭西岡右安打、大和犠打失敗も二盗。鳥谷中安打で二、三塁。マートンが左翼席へ3ランで先制。
新井良右二塁打、新井貴四球、伊藤隼一失で4点目。日高右2点適時二塁打で6点リード。

3回表、一死からの田中浩のフェンス直撃かという当りをマートンがジャンピング・キャッチ。ナイス。

5回、6回と岩田が1点ずつ失い、4点差に追い上げられる。

6回裏、西岡左三塁打、大和左適時二塁打で1点追加。結局これが決勝点。

7回表からAFKも安藤は3長短打を浴び今季初失点。2点を失い3点差。
8回表、福原は2安打を浴びるもなんとかしのぐ。
9回表、久保は二死からバレンティンを右飛に打ち取ったと思いきや伊藤隼が落球し二塁打。岩村に右翼席に叩き込まれとうとう1点差。宮本を投ゴロに討ち取り、なんとか試合終了。

岩田、今季初勝利。

5月4日 阪神7-6ヤクルト (甲子園) 阪神 6勝2敗
S 000 011 202 6
T 600 001 00X 7
勝 岩田 1勝3敗 負 小川 3勝1敗 S 久保 2勝1敗5S
本 マートン3号(3ラン 小川) バレンティン9号(岩田) 岩村2号(2ラン 久保)

S 8-比屋根 4-田中浩 7-ミレッジ 9-バレンティン 3-畠山 5-宮本 6-森岡 2-田中雅 1-小川
小川、正田、ロマン-田中雅

T 4-西岡 8-大和 6-鳥谷 7-マートン 5-新井良 3-新井 9-伊藤隼 2-日高 1-岩田
岩田、安藤、福原 H、久保-日高、藤井彰

【出場選手登録】
4日 岩田稔投手 (先発要員)
【同抹消】
4日 小宮山慎二捕手 (再調整)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月3日 阪神14-3ヤクルト

2013/05/05 23:25
打つ時と打たない時の差が激しすぎる今季の打線。この日は爆発しすぎ。

1回表、一死から比屋根に四球、二盗、ミレッジ左適時打とあっさり先制される。
メッセンジャーは2回まで3四球と安定しない立ち上がり。

1回裏、先頭西岡左二塁打、大和が送り、鳥谷二ゴロで同点。マートン、新井良四球、福留中適時打で逆転。
2回裏、打者12人7安打2四球で一挙6点、ヤクルト先発の石川をK.O.

3回表、ふらふらしているメッセンジャーは4安打を浴び2失点。
3回裏、連続3四球、右失に新井の3点右二塁打で4点を上げ、ヤクルトに出かけた反撃ムードを絶つ。

メッセンジャーもなんとか立ち直り、7回126球で降板。
打線は以降も2点追加し、大勝。

3回裏の打席で足をひねったらしく、福留は伊藤隼と交代。
なお伊藤隼は今季初打点を記録、一軍登録された緒方もマートンの代走から右翼守備につき、プロ入り初打席は投ゴロ。

5月3日 阪神14-3ヤクルト (甲子園) 阪神 5勝2敗
S 102 000 000 3
T 264 101 00X 14
勝 メッセンジャー 4勝 負 石川 2勝3敗

S 4-田中浩 8-比屋根 7-ミレッジ 9-バレンティン 3-畠山 5-宮本 6-森岡 2-中村 1-石川
石川、大場、押本、久古-中村

T 4-西岡 8-大和 6-鳥谷 7-マートン 5-新井良 9-福留 3-新井 2-藤井彰 1-メッセンジャー
メッセンジャー、筒井、玉置-藤井彰
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月1日 阪神0-5広島

2013/05/05 23:25
3回一死まで7人で片付けていた榎田が石原に四球を与えると、犠打、中安打、四球、四球で押し出し。
広瀬に走者一掃の右二塁打を浴びて4点献上。マエケン相手に苦しいことに。

余裕を持ったマエケンは走者を出すとギアチェンジしてさっぱり。軽くひねられました。

5月1日 阪神0-5広島 (甲子園) 阪神 2勝3敗
C 004 000 001 5
T 000 000 000 0
勝 前田健 3勝 負 榎田 2勝3敗
本 石原1号 (玉置)

C 4-菊地 8-丸 6-梵 9-広瀬 7-迎 5-堂林 3-栗原 2-石原 1-前田健
前田健、今村、ミコライオ-石原

T 4-西岡 8-大和 6-鳥谷 7-マートン 9-福留 3-新井 5-新井良 2-日高 1-榎田
榎田、鶴、玉置-日高、今成
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月30日 阪神11-3広島

2013/05/05 23:24
前日のしょうもない負け方がこの日「だけ」はすっきり。

2回裏、先頭福留中安打、新井左飛の後、新井良の右2ランで先制。
3回裏、二死から鳥谷中安打。広島・篠田の暴投もあり、マートン左適時打で1点追加。
4回裏、大和、鳥谷の連続安打の後、マートン左3ラン。一死後、新井四球。新井良、藤井彰の連続安打でさらに1点追加。

スタンリッジは5回2安打無失点の完璧なピッチング。7点差になって楽勝と思いきや6回表一死から連続安打で一、三塁。ここで広島・丸の一ゴロをなにを思ったか新井が本塁へ悪投。1点やって一死も取れず一、二塁。ここから広瀬、堂林に適時打を打たれ3失点。

直後の6回裏、先頭大和四球。鳥谷三振、マートン右安打、福留四球で満塁。新井サンまたも予想通り二ゴロで併殺で思いきや、福留の併殺崩しのスライディングに広島・菊地が悪送球で2点ゲット。流れを引き戻す。

7,8回裏にも追加得点し、大勝。

4月30日 阪神11-3広島 (甲子園) 阪神 2勝2敗
C 000 003 000 3
T 021 042 20X 11
勝 スタンリッジ 2勝2敗 負 篠田 1敗
本 新井良2号 (2ラン 篠田) マートン2号 (3ラン 篠田)

C 7-ルイス 4-菊地 8-丸 9-広瀬 3-松山 5-堂林 6-安部 2-倉 1-篠田
篠田、福井-倉

T 4-西岡 8-大和 6-鳥谷 7-マートン 9-福留 3-新井 5-新井良 2-藤井彰 1-スタンリッジ
スタンリッジ、加藤、筒井-藤井彰

【出場選手登録】
30日 緒方凌介外野手 (野手強化)
【同抹消】
30日 秋山拓巳投手 (再調整)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

アボットとゴステロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる